必要なスキルを身につけてアプリ開発を仕事にする

アプリ開発には何が必要か

アプリ開発にはこのスキル!

スマホアプリを仕事にするには

スマホアプリを仕事にするには

スマホアプリ開発に必要なスキルや考え方が身についているのであれば、その能力を仕事に活かしてさらなるレベルアップを目指してみてはいかがでしょうか。スマホアプリの利用は、多くの人にとって日常の一部でもあるので、より良いアプリ開発ができる人材が必要とされています。自分の望むような開発環境で仕事をするには企業選びが重要ですし、場合によってはフリーランスという選択をする人もいるでしょう。そこで、アプリ開発を仕事にするための情報をいくつかご紹介していきます。

転職先企業の見極め方

転職先企業の見極め方

どんな仕事であっても転職先選びは慎重に行うことが大切ですが、アプリ開発事業を行う企業はとても多いので、転職を考える際にはどんなアプリ開発を行っている企業なのかをしっかりと見極めることがとても重要です。どんな形でもいいからアプリ開発に携わりたいということであれば、自社開発でも受託開発でもやりたいことができるかもしれませんが、ひとつのプロジェクトにじっくりと携わりたいという人には自社開発の方がおすすめです。

注目が集まるフリーランスという働き方

注目が集まるフリーランスという働き方

働き方の多様化がどんどん進む中、フリーランスになることを選択する人や、それを目指す人が多くなってきています。特に、IT関係の仕事はフリーランスとして活動しやすく、フリーランス向けの仕事もたくさんあるので、アプリ開発者は独立しやすい部類の仕事と言えるでしょう。フリーランスが仕事をしやすくなっている背景には、クラウドソーシングやフリーランス専門エージェントなどのようなサービスが充実してきていることがあります。

厳選おすすめ記事

  • 開発ツールはAndroid StudioとXcode

    スマホアプリ開発は、パソコンひとつあれば誰でも挑戦できることですが、iPhoneアプリとAndroidアプリで用意すべき環境が異なっており、iPhoneに関しては、Mac専用の「Xcode」という専門のツールをインストールする必要があります。一方Androidの場合は、どのパソコンでも「Android Studio」という専用ツールをインストールすることができます。どちらのツールもアプリ開発がしやすいよう、便利な機能を数多く備えています。

  • 成否を分けるUI/UX

    たくさんあるスマホアプリの中から選んで使い続けてもらえるものを開発するためには、「UI/UX」がとても重要です。見た目のデザイン性やわかりやすさを意味するUIと、使用感を意味するUXの概念を持ってアプリ開発をするかしないかで、出てくる成果は全く違うものになるでしょう。アプリ開発は、つい技術的な面に集中してしまいがちですが、使ってくれる人の立場に立って、どのような設計にしたらいいかよく考えるようにしましょう。

  • 注目が集まるフリーランスという働き方

    時間や場所にとらわれずに働くことができるフリーランスという働き方に大きな注目が集まっています。特に、コンピュータ環境さえしっかりと整っていればどこでも仕事ができるIT技術職は、フリーランスとの相性がいいのが特徴的です。現在、IT業界で多くの技術者を必要としているのがスマホアプリ事業の分野です。生活には欠かせないと言ってもいいほど身近に浸透しているモバイル端末に対応できるアプリは、今後もニーズが減ることはなく、フリーランス向けの案件も見つけやすいでしょう。

New